コンタクトレンズの種類
コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズといっても、その種類は豊富にあります。種類を大きく分けると、ハードレンズとソフトレンズの2種類です。コンタクトレンズは種類によって、使用期限が異なります。最近人気の1dayは1日だけの使い捨てタイプです。ある程度続けて使用したい場合は、1weekか2week、1month、1yearと、ニーズに合わせて使用期限が選べます。1dayは1回限りの使い捨てですが、それ以外のコンタクトレンズは定期交換をしていきます。使用期限を超えた場合は、新しい物を買い直します。コンタクトレンズの使用期限によりコストは変わってきます。

目の状態は個人差もありますが、コンタクトレンズは高度管理医療機器に指定されているため、購入前に眼科での検査が必要です。検査を受ける事で、自分の視力や目の状態が分かるので、目に合った最適なコンタクトレンズが選べます。購入には処方箋が必要となります。最近はネット通販でもコンタクトレンズを購入できますし、処方箋不要と書いてある事があります。眼科に行って目の検査を受けるにも費用がかかりますので、ネット通販で処方箋不要で購入できるなら便利に思えますが、これは眼科で検査を受け処方箋をもらっている事を前提としているため、ネット通販で購入すれば何もしなくてもいい、というわけではありません。

特に初めてのコンタクトレンズの場合は、視力検査も必要ですし、中にはコンタクトレンズの使用ができないケースもあるので、安易な自己判断で使用するのはリスクが伴います。コンタクトレンズには乱視用や遠近両用など、種類も増えていますので、必ず眼科で検査を受け、自分の視力や目の状態を確認してから購入するようにしましょう。初めて使う場合は、違和感や異物感があるため、少し慣らしが必要です。眼科で慣れるまでスケジュールを組み、指導をしてもらえるので、眼科に行くメリットも多いのです。

コンタクトレンズはいろいろな種類がありますが、ハードレンズとソフトレンズにもそれぞれ特徴があり、使用期限の違いでもケアの手間やコストなどの違いはあります。視力に合わせて選ぶ事が重要となりますが、後は好みで選ぶ事もできます。スポーツをする時はメガネではずれてしまい邪魔になるので、スポーツをする時だけコンタクトレンズを使用するなど、シーンに応じた使い分けもできます。種類により価格も変わってきますので、総合的に判断して、自分にとって最適なコンタクトレンズを選んでいくのがポイントです。フォーチュンコンタクト

お知らせ

【2018年07月25日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る