コンタクトレンズの種類
コンタクトレンズの種類

ケアの仕方

コンタクトレンズは種類によって、ケアの仕方が異なります。1day以外はケアが必要になりますので、正しいケアの仕方を覚えておくと安心です。1dayは使い捨てタイプなので、ケアの必要はありません。使い終わったら捨てるだけです。ドライアイの場合はコンタクトレンズを装着する前に、装着液を使うとスムーズになります。装着液はケア用品として販売されているので、目が乾きやすい方におすすめです。

レンズの種類はソフトレンズとハードレンズがありますが、これによってもケア用品は変わります。ハードレンズにはハードレンズ用を、ソフトレンズにはソフトレンズ用を選びましょう。

レンズの使用期限が長くなるほど、通常の洗浄だけではなく、タンパク汚れを落とす洗浄が必要になります。これも専用の洗浄液があるので、それを選べばOKです。コンタクトレンズのケアは、まず手を洗い清潔な状態にしてから行います。コンタクトレンズを外したら、レンズをこすり洗いします。きちんと汚れを落としたら、すすぎ、専用のケースに入れ、消毒と保存をします。いくつかのステップに分かれますが、こすり洗いは必要ですが、それ以外は1つの液で済むオールインワンタイプのケア用品もあります。

ページの先頭へ戻る