コンタクトレンズの種類
コンタクトレンズの種類

ハードのメリット・デメリット

コンタクトレンズの種類ではハードとソフトの2種類に分かれています。ハードレンズのメリットとデメリットを紹介します。

ハードレンズはその名の通り少し硬いレンズで、黒目よりも若干小さいサイズです。硬いので慣れるまでは違和感や異物感が強いですが、慣れてしまうと以外と便利です。以前は酸素を通す素材がなかったため、ドライアイになりやすいというデメリットがありましたが、現在は酸素通過率の高いハードレンズも登場しているので、酸素不足からドライアイになるリスクは減っています。

ハードレンズは光の屈折に優れているので、乱視用のコンタクトレンズにはハードレンズがおすすめです。ハードコンタクトレンズをしていると、目にゴミが入った時、かなり強い異物感があるので、直ぐ気づけるのはメリットです。ハードというと目に負担をかけやすい印象ですが、酸素通過率の高い物を選べば、意外と目にやさしいところがメリットです。

個人差もありますが、なれるまでには1週間くらいかかります。ハードレンズはズレやすい傾向がありますが、ずれても戻しやすいですし、目の構造上、目の奥に入り込むという事もなく安心です。長時間の装着が可能ですが、どうしてもズレたり外れたりしやすいので注意が必要です。

ページの先頭へ戻る