FX 比較でコストの確認をしよう

投資の中でも人気があるのがFX取引です。正式名称は外国為替証拠金取引と呼ばれていますが、日本ではFXの方が馴染みやすいのではないかと思います。まずはFX 比較によって取引しやすい会社を見つけ、その後に自分のスタイルを見つけましょう。FX 比較によってある程度の会社を絞れますので、その後はインターネット上にある口コミや体験談などの書き込みを参考にしてみるのもひとつの方法です。口コミや体験談などの書き込みは、実際にFX取引をした方の生の声ですから、より説得力があります。

そしてFX会社に登録する前に、取引にかかるコストをチェックしておく必要があります。この知識がないと、適切な口座開設ができないからです。実際にトレードを行うたびに発生するコストがありますが、それがスプレッドとスリッページです。

まずスプレッドというのは、通貨ペア毎での買値と売値の差のことです。要するに、1回あたりトレード毎に利用者が支払う必要がある実質的な手数料になります。これは、FX会社にとって利益になるものです。一方スリッページは、利用者が注文ボタンを押した後、その注文が完了するまでの間に価格が変わってしまうものです。厳密には手数料ではありませんが、結果的には手数料の一種になります。