コンタクトレンズの種類
コンタクトレンズの種類

ソフトのメリット・デメリット

ソフトレンズは黒目よりも直径が少し大きく、レンズは柔軟性があって柔らかくなっています。ハードレンズは指で曲げる事はできませんが、ソフトレンズは指で曲げても折れないくらいの柔軟性があります。ソフトレンズにも種類があって、涙と同じ成分の水分を含んだタイプなら、酸素通過率が高く、目が乾くのを防げます。最近はシリコンを使用する事で、酸素通過率と耐久性の高いソフトレンズも登場しています。

柔らかく柔軟性があるので、コンタクトレンズ初心者にもおすすめです。ズレにくくフィット感があるので、スポーツをする時にもよく使われています。今人気のカラコンはソフトレンズなので、度ありのカラコンを選べば、イメージチェンジにも役立ちます。

ソフトレンズのメリットはフィット感に優れていて、外れにくい事です。しかしゴミや異物が入り込んだ時、ハードレンズに比べて気づきにくいので、知らないまま長時間装着していると、目やレンズに傷をつけてしまいます。乱視用はコストが高くなってしまう事や、元々ドライアイの場合は、目が乾燥しやすいのがデメリットです。

手軽に使える1dayタイプもたくさんのメーカーから販売されていますので、選択肢は多いです。酸素通過率の高い物を選べば目に優しく使えます。

ページの先頭へ戻る